img_5942

12月11日に横須賀リーフスタジアムで開催された神奈川県社会人リーグ2部の優勝決定戦…

Aブロック優勝のYokosuka City FC と Bブロック優勝の横須賀マリンFC の横須賀のチーム同士の対戦でした。

それぞれブロック優勝を果たしたことで来季1部昇格は決定していますが、総合優勝に向けてプライドの戦いです。

Yokosuka City FC

Yokosuka City FC


横須賀マリンFC

横須賀マリンFC

キックオフ前からYokosuka City FCのサポーターによる力強い応援がグラウンドに響きます。

試合開始直後は横須賀マリンFCが積極的に仕掛けますが、決定打に結び付きません。

試合が動いたのは前半38分、横須賀マリンFCの山口大輝選手がサイドからDFの裏をかくシュートで先制点…

前半終了間近はYokosuka City FCが猛攻を仕掛けますが、横須賀マリンFCは体を張って守り得点を与えません。

後半に入り、お互いに積極的に攻め込みます。

後半16分、Yokosuka City FCの永長優太選手が低いセンタリングを頭で合わせ同点にします。

同点になったことでさらに試合は熱くなります。

後半20分、横須賀マリンFCの田丸誠選手のシュートがDFにあたってコースが変わったところを田嶋数馬選手がシュートを決め2対1にします。

お互いのプライドをかけた戦いは白熱していきます。

後半41分、横須賀マリンFCの國分俊樹選手が左サイドからの展開から落ち着いて決め3対1…

さらにアディショナルタイムに入った後半45分、右サイドから抜け出した横須賀マリンFCの石井拓人選手が角度のない位置からゴールを決めダメ押しの1点…

試合は4対1で横須賀マリンFCが優勝しました。

相澤富雄会長

相澤富雄会長

試合終了後には横須賀サッカー協会相澤富雄会長から観覧席のサポーターの皆さんへの感謝の言葉と来季から1部で活躍する選手に対して激励の言葉が送られました。

来季も両チームへの応援よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イベント&大会

  1. 8A03ADBF-529E-46D4-8D1A-6F2935CA0C07
    交代の意思疎通:競技者がフィールドから出たのち交代者をフィールドに入れる。 Q;交代要員がスロ…
  2. IMG_5186
    前回の回答(主審の時計故障) 原則は2個携帯。しかし2個とも故障の場合もあります。 審判…
  3. 2017年度ライオンズ高学年決勝
    ・審判は試合中、継続して互いに顔を「観る」 競技者の意図や判定・想定外の事象への気づき・意思疎…
  4. 20180320111847
    ・前回の事象対応へのよりどころ:競技者にサッカーに専念させる。 具体的には対象者に復帰の仕方を…
  5. IMG_20170611_130950
    60分前に集合 試合前の意思疎通のために落ち着いて打ち合わせ キックオフ 中学生の…
ページ上部へ戻る